【iOS11】勝手に明るさが変わってしまうときの対策方法

iOS11にアップデートしてから、使用していると明るい場所と暗い場所で勝手に明るさが変わっている!?なんて思う人いますよね。直したいのに、画面表示と明るさのところには特に直せるようなものはないし…

明るさは自分の好みの状態にしたいと思っている人も多いと思います。アップデートのたびに勝手に変更されると困ってしまうものです…。今回は、その明るさ変更を直す設定をしたいと思います。

実際に直す方法

直す方法は簡単ですので、次の手順に従ってやってみてください。

設定 → 一般 → アクセシビリティ → ディスプレイ調整をオフ

以下では画像つきで解説したいと思います。

1.まず、設定 → 一般をタップします。

2.アクセシビリティをタップします。

3.ディスプレイ調整をタップします。

4.明るさの自動調節をオフにします。

これでおそらく解決すると思います。

これからのアップデートで同じようになったとき

今回はiOS11でこのように設定を直すところが紛らわしいものがありましたが、これからもこのような事態はアップデートのたびに続くと思われます。そんなときに便利なのが以下で説明する「検索」を使う方法です。

1.設定のトップで下に画面をスワイプします。

2.検索のところで調べたいものを入力します。今回の場合は「明るさ」などと入力しましょう。

3.それらしいものを選択しましょう。今回の場合は一番上の「明るさの自動調節」が良いでしょう。

4.タップすれば上記と同じようにしていけば明るさの自動調節を直すことができます。

まとめ

いかがでしたか?きっと今回の悩みは解決したと思います。他にもiPhoneのわかりづらい設定の解説はしていく予定です。

何かご意見等ありましたら、コメントしていただけると幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告