【2018年】YouTubeでカスタムサムネイルを使えるようにする方法!

YouTubeで動画を投稿するときは、普通は3種類勝手にYouTubeがサムネイル候補を上げてくれますよね。

でも、その3枚のサムネイルってなんかイマイチなものが多いです。

やはり、再生数をあげる大きな要因の一つとしてサムネイルは大事な要素となります。

動画を見たいと思うには、魅力的なサムネイルを表示させる必要があります。そこで今回はカスタムサムネイルを使えるようにする方法を紹介します。

カスタムサムネイルを設定するにあたって「電話番号」が必要になります。お手元にスマホやガラケーを用意してください。

カスタムサムネイルを有効にする手順

1.まず、クリエイターツールの画面を開きます。左側のバーの中から「チャンネル」をクリックします。

2.画像内の「カスタムサムネイル」「外部のアノテーション」が無効になっていることを確認してください。これを有効にしていきます。

3.赤枠内の「確認」をクリックしてください。

4.「国を選択してください」のところは普通「日本」になっていると思うのでそのままにしてください。

「確認コードの受け取り方法を指定してください。」のところは、「SMSで受け取る」が楽なのでオススメします。これをチェックします。

5.電話番号を入力してください。入力したら間違っていないか確認して、「送信」を押しましょう。

6.入力した電話番号宛に6桁の数字が届きます。「6桁の確認コードを入力してください」のところに入力して、確認してから送信」を押してください。

7.確認が取れれば、以下のような画面になります。これで、設定は終了です。

8.もう一度「クリエイターツール」から「チャンネル」を押し、「カスタムサムネイル」と「外部のアノテーション」が有効に変わっていること、「確認済み」に変わっていることを確認してください。

これで、動画を投稿した時にカスタムサムネイルを使えるようになります。

カスタムサムネイルを使う上で

カスタムサムネイルは視聴者が最初にあなたの動画にコンタクトするモノです。

再生数を稼ぎたいからと言って、過剰な表現をするのはよくありません。程々の加工にとどめましょう。(不適切な画像を使っていると、運営側からカスタムサムネイルを無効にされる場合があり、一度この権限を失うとそのチャンネルは二度とカスタムサムネイルを有効にできなくなるので注意してください。)

また、カスタムサムネイルのサイズはYouTube公式によると(以下YouTubeより引用)

  • 1280×720(最小幅が 640 ピクセル)の解像度がある
  • アップロードする画像ファイル形式: JPG、GIF、BMP、PNG
  • 上限の 2 MB 以内である
  • YouTube プレーヤーやプレビューで最もよく使われる 16:9 のアスペクト比を試してみる

となっています。用意する画像は上記の条件を満たすものを用意しましょう。

複数チャンネルをお持ちの方は全てのチャンネルでカスタムサムネイルを有効にしたいと思いますが、同じ電話番号は1年間で2回までしか使えないので注意してください。(「1年間で」というのは、1月1日にリセットされるのではなく、最初にその電話番号でカスタムサムネイルを有効にしたときから1年のようです。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。意外と簡単に終わったのではないでしょうか。

YouTubeで稼ごうと思っている方は、再生数を稼げる大きな要素になるのでぜひ、カスタムサムネイルは有効にしておきましょう。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告